繰り返し使えるカイロ作り


米に健康の康と書いて「糠」

ぬかでございます。

 

どうしてお米ってこんなに人に優しいのでしょうね。精米して糠になってまでも、人の役に立つ。素晴らしいです!

そう、繰り返し使えるカイロとは、この糠を使って作った、ぬか袋のことでございます。



生地はびわの葉で染めたものと、反対側は麻の炭で染めたものを使いチクチクしました。せっかくだからってんで、麻の葉をモチーフに刺し子しました。自然の力と模様の力をお借りして、きっとカラダの芯まで温めてくれるでしょう♨ほんと、そうなんですよ♪お腹痛いときとか、レンジでチンしてすぐカイロとして使えるのでお家に一つあると心強いんです。お塩も入っているので、しっとりと、湿熱だから臓器まで届いて温めてくれます。